Romance Kobo Blog
自作ロマンス小説執筆記録や雑感 & ロマンス小説のことなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ動き始めねば…
どもども、またもやご無沙汰しております~。
改めまして、本年もどうぞよろしくお願いしますねv


韓国の一月は、まだ学校が冬休み中ということもあり、
子供達も家に居て、何かとうるさいので、
今年は日本へ帰省しただけで、のんびりまったり過ごしておりました。
<で、ブログにまたもや広告が。。。(^^;)


でもさすがに、そろそろ始動しなくてはですよね。
気が付けば、もう2月も目前ですし。

というわけで、昨日からやっとこさで、資料を開いて見たり、
ヒロインとヒーローの名前を考えはじめたり。。。
<これが結構厄介でして。なかなか決まらないんですよ、毎回ねぇ。

次はヒストリカルロマンス短編の予定ですが、
舞台を思い切って、19世紀のアメリカに持って行ってみようと決心し、
資料も多少ゲットしてきました!
<なんか19世紀のロンドン、ちょっとネタ切れっぽくてですね。

舞台を変えますと、調べ物がかなり大変ですが、
また新鮮な風が吹きそうなので、ちょっとわくわくしてきますね。
そうそう、このわくわく感が大事なんですな。(^^)

明日から韓国は(旧)正月連休ですが、(今年は4連休みたいです)
うちは田舎には行かないので、
家事をやりつつ、ねじ巻きなおしまして、
そろそろと執筆にかかっていきたいと思います。

それにしても、この冬は寒くないですねぇ☆
日中の最高気温が、毎日プラスなんて、
こんなに過ごしやすい冬、初めてかも。

とか言っておりますが、
更新もないのに、サイトにお越しくださり、
本当にありがとうございます!!!
またある程度書けたら、更新できるよう頑張りますので、
もう少しお待ちくださいですよ~~☆

あ、それから、【子爵の恋人】の番外編で、「テムズ河畔にて」だけ
まだ戻していなかったので(忘れてました、すっかりと)
この機会に再掲しておこうかと思います。
まぁ、またおいおいとやりまする。。。

ではでは、拍手もいつもありがとうございます!
アフィリエイトもご利用いただき、深謝ですよ~~。


スポンサーサイト
今年もありがとうございました~☆
早いもので、もう晦日。
今年も残すところ、あと1日ですね~。

明日は大晦日。皆様、お正月の準備でお忙しいことと思います。

韓国は旧正月で祝うので、お正月まで一か月ほどあり、
こちらは何のことはない、いつもどおりの年末ですが、
来年は年明けから、帰省しますので
久しぶりに、日本で冬を過ごせます。
日本の冬って、実に十数年ぶりなんですよね♪
やっぱり嬉しいですvvv


そんなこんなで、シークを書き上げたきり、その後、何も書いていないのですが…。
サイト作品では、【子爵の恋人】と、再び【エーゲ海の虜】の二作品が、現在
宙出版様のロマンスコミック大賞の課題作品になっております。

それで、ややごちゃごちゃしていた子爵の扉ページも整理して、改装しました。。。


これで、未完の夜明け前以外、拙サイトの海外物は全部お出ししたわけです……。
作品化はゆったりしたペースになるようですが、
また順次、ご報告できるといいなぁと思っております。


そして、わたし自身も今、ちょっと意識を改めなければ、と
深く静かに思っている2013年の年末です。

コッツウォルズの綾部先生のときも、吃驚して大変緊張したんですが、
先日、ここでもちらっと、侯爵令嬢とナイトのコミカライズのことを書きましたが、
あの後、ご担当くださる漫画家の先生のお名前をおうかがいしまして、
またまたびっくり仰天!

いやもう……、本当に光栄です、と申しますか、
はううっ、誠に申し訳ないです~~、と平身低頭中……
と、申しますか。。。<(__;)> 
<いやもう本当に……、後者なんですよ~~(滝汗中)


いや、コミカライズは、書籍化とかそういう華々しいお話ではないですから、
安心して、まったりのんびり構えていたのですが、
今後は、ちょっと気持を入れ替えます、と申しますか、
気持を引き締めます、と申しますか、
とにかく、どなた様にご担当いただいても悶絶しなくてもいいよう(大爆っ)
一作一作しっかりとした作品作りに取り組んでいかねば、と、改めて痛感した次第です。

ということで、読者様には、これからもさらに楽しんでいただけるような
ロマンスを書いていきたいと思いますので(笑)
来年も、ロマンス工房をどうぞよろしくお願いいたしますね。


今年一年、お世話になりました全ての皆様に、心からの感謝を込めまして。
本当にありがとうございました。。。


それでは、どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。。。


【ファム・ファタル~アルハンブラの千一夜~】完結です~

本文はこちらから。


こんにちは☆

アルハンブラの千一夜、これにて完結です~~!!! <やった~!

ラストはもう、読まなくてもお分かりいただけたのではないか、と思うくらい、
王道も王道、定番一直線な展開だったと思いますが、
やっぱりですね。
ロマンス小説に関しては、ラストは王道でいいのだ! 
それ以外のラストなど、自分も見たくないもんね、などと、
開き直って、一応満足しております(笑)


作者初(これが最初で最後かも?)シーク物ロマンスでしたが、
お付き合いいただき、ありがとうございました~。
このリクをいただいたのは去年の夏でしたので、
まぁ本当に、お時間がめちゃくちゃかかってしまいましたです。。。<駄目! 

しかし、やはり難しかったですね。。。
さすが、侮りがたし!でした。
今まで書いた中で、一番難しかったかも。<あ、某未完作は除外ですが。。。

シークと欧米一般女性との出会いという、最初の設定からして、
なかなか思いつかないというか、
市販のハーレでも、ちょっと苦しいかなぁ、とか思うような、
シーク物もたまにあるので、きっと世のロマンス作家様達も、
大量のシーク物設定を考えるのに、結構苦労しておいでなのかなぁ、などと、
妙にしみじみ思ったりした次第です。

でも、だから、考えて、書き応えもありましたけどね。
そして、この設定を思いついてからは、
こういうファンタジックな要素を加えられるのは、シーク物ならではだねー、
とか思いつつ、楽しく書くことができましたです。

と言う感じで、自分的にも本作は、一つの新しいチャレンジでしたが、
お付き合いいただき、本当にありがとうございましたですよ~!!



そして、次のサイト作品ですが。。。

いや、まだまったく構想段階ですが、とりあえず、
久しぶりに、ヒストリカルロマンス(ヴィクトリアン物)を、
書いてみようかなぁ、と思っています。
まぁ今年中に書き始めても、どうでしょうか、
最速で、来月の半ばくらいから連載できればベスト、って感じかなぁ。。。
<日本にも帰りますしね。

あと、まだ2ヶ月ほど先みたいですが、
『侯爵令嬢とナイト』をコミカライズしていただけるそうですので、
それと時期を合わせ、サイト連載できればいいかなぁ、などと考えています。

ともあれ、また気持新たに頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたしますね。


それでは、どうもありがとうございました~~☆
皆様、良いクリスマスをお迎えくださいませv


【ファム・ファタル~アルハンブラの千一夜~】15 更新
本文はこちらから。


こんにちは~。

やっとここまで、お話を進めてくることができました。
今回の、星空の下で砂漠を見ながら話すシーンは、
最初から書きたかった場面の一つなんです。
ロマンティックですよねぇ。
シークものでは、ぜひとも書きたかったんですよ。
というわけで、一応、満足しておりますvvv(^^)

ここにいたるまでの紆余曲折が、イロイロと変わってきてしまい、
まぁ、それでも落ち着くところに、無事にお話が落ち着いた感じで
ほっと安どしております。


残り三回…と言ってから延々と、残り三回を、
これまた三回くらい繰り返してしまった気がしますが <ぜんぜん駄目!
相変わらず先が見通せない作者でして、申し訳ないです。。(^^;ゞ

が、しかし。
今度こそ、残りあと二回 <やっとカウントが減った(笑) 
ということで、ジェイドとアシュラフ、さてどうなるでしょうか?

なんて、まぁね、大体お判りになるか、とは思いますが
クライマックスですし、最後までお楽しみいただければ嬉しいです☆
今週中にできれば終わらせたいかも、なのですが、
何とかできますかね。。。


とにかく、頑張りますので、
引き続き、よろしくお願いいたします~。


拍手なども、本当にありがとうございます~~。

【ファム・ファタル~アルハンブラの千一夜~】13 更新
本文はこちらから。


どもです~。

今日から12月なんですね。
もう師走か、本当に時間があっという間に過ぎますねぇ。。。

昨夜は更新分だけアップしたところで寝落ちてしまいまして
今、あとがきです。。。


まず、本作品のサブタイトルを変更しました。
<あれっと思われた方もおいでかと。

いや、書いてみたらこのお話、砂漠越えたら終わってしまうのですよ(爆)
結局、アルハンブラでの謎解きの方が大きな割合を占めたので、
今までのサブタイトルより、こちらの方がしっくり来ると思います。
<ははは、見切り発車で連載してますと、往々にしてこういうこともあるですね。。。

ラブラブシーンがメインだった先回から引き続きです。
ま、ここは野暮な解説は抜きでお楽しみいただけるといいな、と。。。(大爆)


そしていよいよ、王子の国獲りに移っていきます。
ただ、NHK大河ドラマ、八重の桜などでも、思ったのですが
やはりね、政治がらみの場面はどうしても硬~い雰囲気になりますので
二人のロマンスをメインに押し通した方がいいよね、と思いましたです。
で、最低ここだけはちょっと欲しいだろう、的場面だけにしたのですが、
それでも、結構文字数が増えてしまいました。。。

ということで、ここから少し政治がらみです。
王子様的には見せ場でもありますので(笑)、まぁ、よろしくお願いいたします~~。


先々回のあとがきで、あと3回とか言っておいて、また回数が伸びてしまっておりますが<毎度!
今度こそ、あと3回だと思います。<はい、今度こそ。

早めの更新目指して励みますので、どうぞ、最後までお付き合い、よろしくお願いしますね。


ウェブ拍手、ブログ拍手、励みになります。
いつもありがとうございます。
アフィリエイトもご利用頂き、感謝です~~。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

ミルキー・ポピンズ

Author:ミルキー・ポピンズ
自作ロマンス小説を書いています



最近の記事



最近のコメント



リンク



FC2カウンター



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。