Romance Kobo Blog
自作ロマンス小説執筆記録や雑感 & ロマンス小説のことなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外と日本の純愛小説 (独断的比較考ですな)
比較なんぞとオソレ多くも大それたタイトルを入れたけど、ワタシは日本の現代文芸作品や恋愛小説はあまり読んでいない。
だから、ほんと、これについては何か語る資格なんて無しだと思ったりする。
そうは思うけれど、まぁ、それでもそれなりに感じることを、少しばかり書いてみようかと……。


海外ロマンス小説というのは、原型をたどると『シンデレラ』や『眠れる森の美女』といったメルヘンの世界になるのではあるまいか。
だいたい、(ロマンス小説の)ヒロインも、上の二人のように、いともあっさりと逃げ出してしまうか、幾重にも厳重に茨を張り巡らして、ヒーローを近づけないように懸命に努力する。
ふさがる茨を切り分けながら、眠り姫に何とか近付こうとあの手この手で頑張るのは、だいたい一方的にヒーローの方が多いんだな。

<だから女の夢なのね、はっきり言ってメルヘンです、はい

こういうわけで、海外ロマンス小説の基本スタンスには、『幸せな未来は勝ち取るもの』という不文律のようなものを感じるのだ。とにかく(ぐだぐだ言ってるヒロインは別にして)ヒーローは、その恋の成就にあくまで能動的かつ積極的である。

<まぁ、元来狩猟民族だし、その辺も出るかな


              ◇◆◇   

日本の純愛小説になると勝手は違う。<比べるのも何なくらい違うような…

第一、日本の純愛小説で、めでたしめでたし手放しハッピーエンドって、あまり見かけないような気がする。
<もしやあります? ご意見求めます、知らないので… (汗)

だいたい、純愛小説の素材からして、そうなれないような題材が多いような気が。小説を読んでも、その構成の違いは歴然である。
いわゆる『(恋人の)死』あるいは『不倫』ものが、(他ロマンスサイトマスター様とお話してても)やっぱり多いんだな、と思ってしまうのだが……。

1、『恋人の死』

恋人が死ぬ、という、『世界の中心で愛を叫ぶ』に代表される(?)ように、ヒロインの生命がわずか、という終わりの見えた状況の中で精一杯燃焼しつくす愛の世界、が一つ。
あるいは、こういうケース。
1999年『すずらん』というNHKの朝の連続テレビドラマを毎朝見ていた(こちらでも入るので)。他にも要素はあるが恋愛モノ的に見ると
ヒロインは初恋を(身分違いで)引き裂かれ、東京に出てようやく落ち着ける相手を見つけて結婚するのだが、戦争で夫を亡くし、戦後、その初恋の相手と再会しようやく相手の親も受け入れてくれて、さあ、これからやり直しましょう、と言うところで、実にあっけなくその恋人が死んでしまった。<がーーん

こ、これは、もう本当に手の施しようがなくなる
<死んではいかん、死んでは…… (と思うのはロマンスかぶれ?)


2、『不倫』

うう、これについても書きたいところだが、ワタシは不倫モノはスキじゃないので、ドラマも見ないし本も基本的には読まない。

<ちなみに『マディソン郡の橋』は好きだ。やっぱり洋物のせいか、二人の深い愛は残ったが、どろどろした印象は感じない。いさぎよく身を引いたのも◎だったし。
 ……これって偏見かな~?

というわけで、『不倫もの』については本当によくわからない。
唯一、渡辺淳一氏の『失楽園』を斜め読みしたくらいだ。
だがたぶん、不倫系純愛とは、こういう話が多いんじゃないだろうか、
もちろん最後に心中まではしないだろうけど、いつか終わりが来るのがわかりきっているからこそ、さらに燃える刹那愛の世界……。

うーん、こういうのが一般には、ピュアなラブストーリーと言うのかなぁ?
<まぁ、それは確かにそうだけども

こういった断片を見て、ワタシが感じる日本人の純愛観は、
「愛は儚いがゆえに、いつまでも心に残って美しい」

こういうスタンスが、根底にあるような気がする。極端な話。

純愛とは美しいがゆえに、実らせるものではなく、
心の奥に余韻と共にいつまでも抱いて、生きるよすがとするもの、
と言う不文律でもあるんじゃなかろうか、と思うことさえあるくらい。

<最近買った、江国香織の『冷静と情熱のあいだ』を読んで、やっぱりそう思った奴……

この背景をつらつら考えてみるに……、

「源氏物語」の頃から、『にほんじん』の心に連綿と受け継がれてきている「もののあはれ」の世界、ひと時だけまどろんで儚く覚めるこの上なく美しい『浅き夢』への追慕の世界、その延長上にある、とも言えるのかもしれない。

<同じ夢は夢でも、大分違うよなぁ、雰囲気が

色は匂えど散りぬるを 我が世誰ぞ常ならむ
有為の奥山今日越えて 浅き夢見し酔ひもせず

なんて、思わず10世紀のいろは歌なんか、思い出してしまったりして。
<イロハからして、我が国ってこれだったんだもんね(笑)

まぁ、穏やかな農耕民族性とか、<男もしつこく追いかけないんだよね……(ーー)ウーム…
他にも色々要素はあるだろうけれども。

そう言うわけで、やっぱり、西洋ロマンスの方が好きだなぁ、と思うワタクシです。

              ◇◆◇    

えーっと、何やらまとまりないかもしれないけど、ひとまずはこの辺で…。


 註)西洋でも、もちろん19世紀文学までは、どちらかというと悲恋もののほうが多いような気が。
『椿姫』や『狭き門』みたいに最後にはヒロインが死んでしまうものも多いし、『ロミオとジュリエット』や『嵐が丘』は言うに及ばず…。

スポンサーサイト
ロマンス小説の書き方って
究極のネタバレになるけれど、ここらでチョイと方向転換なども考えないこともない今日この頃、自分自身の整理がてら、少し書いてみようかと思う。

今だから言うのだが、実はわたしがロマンス小説を書き出すに当たり、大いに参考にさせていただいたサイト様があった。
なぜなら、2002年12月に、自力での翻訳ロマンス小説作りに挫折したわたしが、自力でロマンスを書こうと思ったものの、その時手元には1冊のハーレクインロマンスも持ち合わせてはいなかったからである。
<まさか、読みたくなるとは思わず、日本から一冊も持ってこなかった人……

そして、ワタシもその時分はハーレクインから離れて、かなり久しかった。
多分8年くらい、ほとんど読んでいなかったと思う。
そんなに読んでいなかったくせに、海外で子育てに一段落して暇になってきた途端、急にあのこてこてのロマンスワールドが脳内フラッシュバックして、無性に読みたくなるから不思議なものだ。
とにかく、やたらと読みたくて、ハーレクインの公式サイトからオンラインリーディングをエキサイトにかけて、というのは前にも少し話したと思うけれど、そういうワケでかろうじて、パソコンの中に自力でエキサイト翻訳を使って翻訳し校正した、メチャクチャ手間隙かけて作った三冊をのぞいては、本当に手元に一冊もなかった。

さ~て? どう書くものなのかな?
ついでに、小説全般もそうなんだけども…
(高校の頃に、詩とか異世界迷い込みファンタジーらしきものを一つ二つ、書いたっきりだった人・汗)

というわけで、ある日、『ハーレクイン』などでググッたら、こういうサイトにヒットした。
『みもざ翻訳館』という翻訳者養成(勉強会)のサイト様である。

なるほど、ロマンス小説の翻訳というのは、確かに新人翻訳者さんの登竜門だろう。
見ていくとその中に学習会として『短編ロマンスを全訳する』というコーナーもあるほどだ。

さらにあれこれ見ていると、こういう本のことが紹介されているページがあった。

『ロマンス小説の書き方と出版の仕方』
'How to Write a Romance for the New Market and Get Published'
edited by キャスリン・フォーク(Kathryn Falk)

その中に、こうあるそうだ(管理人は読んでいないので伝聞である)
「読者を惹きつけるためには具体的な数量計算までされているようです。
たとえば、物語の一編の長さは、192~256ページ(6万~8万語)でなければならないし、その中で主人公たちは出会い、愛し合い、一度は別れて再会を果たし、さいごには結ばれる。
さらに冒頭から20ページまでに、最初のラヴ・シーンをいれなければならない……」

<おお、そうか、なるほど!!! 確かに(記憶にある限りでは)そうだったよ、うん、うん。

というわけで、ワタシは、『ロマンス小説』なるものを自分で書き始めるにあたり、このアウトラインだけは絶対に踏まなければいけないのだ、と、この時がーっつりと思いこんでしまった。
そして、よっこらしょと書き出したものをサイトに上げはじめて、4年が経ち、現在に至っている。
その間できあがった作品は、というに、たしかに『ロマンス小説』以外の何モノでもない。結局、この思い込みそのまんま現在に至っているので、ギャラリーもまた然りである……(^^;)

まぁ、ここに書かれているのは、確かにハーレクインロマンスにおける典型的な踏襲するべきパターンのようである。
そのパターンは中で何十種類にも分かれると思うが、もう『出だしから結末が見える』と(某先生から・笑)言われるくらい大筋は変わらない。

今は、二見さんや、ヴィレッジブックスさんなど、定番からはちょっと離れた、ストーリー重視型の読み応えのあるサスペンスロマンスやヒストリカルロマンスもたくさん出ているし、本家ハーレクイン社でも、文庫として再販されてるのは読み応えがあるものが多いが、やっぱり本家本元さんは、相変わらず的なのも多いかも、と。 
<ちょっと違うのもあるでしょうが、最近は
リメイク物も数知れず、さらに同じ作家さんだと、傾向も似てくる。

にもかかわらず、なぜ読みたくなるのか、これもまた不思議としか言いようがないけれど、それでもまた読んでしまうのだ。
話の筋を追うというより、その中にある世界のバリエーションが楽しみたくて、読んでしまうという気もする。

そして(当然だけど)似た話は多くても同じ話は一つもない。
ので、当然主人公の感情の流れも微妙に違う。
その微妙な違いを楽しんでいるのかもしれない。
あとハラハラ感がたまらないという方もおられるだろう。
きっと他のロマンスファンの皆様も、こういう感じなのでは?


さて、そういうわけで、うちもソロソロと、ハーレクイン風じゃない、ロマンスじゃない恋愛小説っていうのにも、目を向けてみようかな~~とか、思ったりする今日この頃だけれど……、
そこで日本の恋愛小説や、一般の恋愛小説を考えてみるに、これがこの……。

あーー、メチャクチャ長くなってきたので、続きはまた今度にしようかと。 


カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

ミルキー・ポピンズ

Author:ミルキー・ポピンズ
自作ロマンス小説を書いています



最近の記事



最近のコメント



リンク



FC2カウンター



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。