Romance Kobo Blog
自作ロマンス小説執筆記録や雑感 & ロマンス小説のことなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ある夜明け前】25章の2 更新~
す、すみませんです… (^^;)
後書きはこちら、と言いつつ、今頃(30日 pm2:20)書いてます… <こらこら

今回はパトリシア視点でお届けしました。
先回から、描写手法に矛盾などがないといいナァと思うですが…。
そして次回は、この大事なときに消えていて、何してるわけ? 
と非難されそうなロイ視点から、お届けします。
だから、ちょっとまた戻しますよ、時間も……

お読みになって、いかがでしたでしょうか。
先回で大体予想つけておられても、がっくりされた方も多かったですかね、きっと…
でもまだ終わってませんので、少しは頑張る余地アリです。
つかの間の邂逅に向けてでも、精一杯走らせる所存です <鬼


いや、わかってはいるんですよ
『ロマンス小説は、二人が一緒にいるシーン命』っていうのは、痛いほど。
大抵市販ロマンスでも、終盤、二人がいさかいや誤解で離れても、
そのあとすぐ、いきなりヒーローがヒロインに会いに来るとかして、
誤解も解け、二人はめでたく、らぶらぶハッピーエンド、となるのが定番ですしね。
<だからこそ、安心して読めるのですから。。。(ーー)

ははは、なのにコレだけは、すべての定番設定を裏切るように、
事態をややこしくし、話を長くしておりますが…… ;;;
<だから我ながら、ボケツボケツ連呼してるのであります。。。(涙)

まぁ、ということで、さっぱり定番じゃないんですけども、
そこはオリジナルロマンスと言うことで、どうぞ御容赦くださいです

さて、今回やたら荷馬車に乗ってますが(笑)
プリンスエドワード島の当時の交通状況を調べてみますと
『アンの娘リラ』では、島内では鉄道が主たる交通網だったような感じです。
鉄道敷設への支援を得るため、1870年代の半ばにカナダ連邦入りしたこの島ですが、それでは広さがどれくらいかと調べてみましたら
なんと、日本で一番この島と面積が近い県が、愛媛県と三重県でした(笑)

なるほど、コレくらいあるなら、ちょっと馬車だけでなく鉄道もほしかったでしょうね
そして自動車は1919年まで、事実上乗り入れを禁止されていたようです。
<大陸との交通は、もちろん蒸気船でしょうが、具体的な描写が見つかりませんでした。。。
今は空港もあり(トロントから空路2時間)、陸路ノーサンバーランド海峡にはコンフェデレーション橋(1997年)も架けられました。


さて、続きも1週間~10日くらいでお出しできるよう頑張りたいです。
ではでは、いつもありがとうございますvvv
スポンサーサイト
明日くらいに…
テンプレ変えたら、ちょっと読みにくいですかね…?

明日くらいには、2ページ目更新できるかしらん、と一応思っております。
あはは、ヤッパリしっかりがっつり10日、かかっておりますね。
だけど、実質小説書いてたのは、この中の2日くらいだなぁ…
(ーー;)<モット真面目におやりなさい

しかも、まだ25章が終わっていないのですよ…
ああ、本邦初(?)、3ページ構成みたいです。
どうでも、もう1ページかかります。

ですが! ここさえ終われば、次、26章からいよいよ、
本作の貴重なる読者様方を、実に3年もお待たせしてしまいました
冒頭プロローグへと続く【1915年、春】に移りますので~!!!


いや、なんか感無量だったり……。<自分で言うな、と(苦笑)
このボケツ連載にも、なんとか目処が立ってきて、非常に嬉しいです

<だ~から、そーいう書き方をするなと言うのよね。。(--)マッタクデス

というわけで、ここはチョット痛いところですが(ネタバレすな)
前途に希望を抱きつつ、お待ちくださいませ。励みます。



以下、f様へ、ブログ拍手コメント返信です

[READ MORE...]
ぼちぼちと
ああ、やっと、終わりましたですよ、子供の中間試験が… <げんなり
もうね、後は野となれ、山となれ。
めでたしめでたし、デス。<結果は知らぬ~~

……って、早いですよねぇ、こういう環境に放り込まれるのが、つくづくと。

さて、今日からしばらく、のんびりと……
してないで、小説続きさっさと書けって話ですが。 (^^ゞ<ハハハ

気が付けば、サイトトップのカウンターがもう150万に近付いていますか?
<ヒーエー!!!

ど、どうしよう。100万打記念も未だ放置しているというのに…… <汗・汗~

いや、もう、エー加減にしてって言うか、忘れられてしまってるかもですが、
本人、それでも書くつもりでおりますので……大丈夫です(?)

ただ遅れついでに、今はもう少し【夜明け】を書いてしまいたいと思います。
また連載が停まったら、本当にいつ始まるか怪しいですしネェ……

さあ、それでは明日くらいからまた、気合入れなおして書き始められるといいナァ、と思いつつ。

ウェブ拍手、アフィリご利用も誠にありがとうございます~~!



>voteの【ある夜明け前】にコメント下さった読者様

いやー、本当にありがとうございます。
少数派の皆様の本当にありがたいお声があればこそ、続いているこの作品です。
これから、2部のマックスに入っていきますので、楽しみにお待ちくださると嬉しいです。

【ある夜明け前】25章の1 更新
いや、サーバーが重いの何のって……。
なかなか更新作業が出来ませんでした~!!! 

ということで、どうもすみません…。短い割に、やっぱり時間がかかってしまいました。
と、とにかく『ある夜明け前』、更新です。

……って、お読みになって、がっくりされちゃったらどうしよう、って感じですが。
ははは、他人視点が多すぎますよね?

ただ今回は、あえてこういう風に書いてみました。
色んな人の角度から見ると、二人を取り巻く状況が更に浮き彫りになるかナァ、などと思いまして…

えっ? 書き手が佐渡なだけだろうって?

ははは、そーかもしれないですけどねぇ…  (^^:ゞ

と、ともあれ…。

次回、二人が会えるかどうか、まだワカリマセンが…… <書いてないしさ (ーー;)
今まであえて書いてきませんでした、ロイの心中なども含め、
とにかく二人サイドから、話を進めて参りたいと思います。

25章後半も、ヤッパリ10日ほどお待ちくだされば嬉しいです~~~~。
引き続き頑張って参りますね。


あ、そういえば、作品VOTEが、500票に達しておりました。
地道に、ありがとうございます~~~!!!
相変わらずダントツに『子爵の恋人』ですねぇ。
本作をラノベ化しながら思ったのですが、この作品が一番、お若い方にも御読みいただけるのかも知れません。
<というか、こういうムリは、ヴィクトリアン系以外は不可能だと思いましたです。。。 (^^;)

いつも、ウェブ拍手など、ありがとうございます
アフィリをご利用いただいてるお客様、誠に感謝でございますよ~!!


明日の夜ぐらいに…
最近、ウェブで長いページを読むのが、疲れるようになってきました… <歳か?

他所様でも、短い目のページ作りで、更新頻度を多くされてる方が多い気がします。
というわけで、うちも(拙宅比較的にですが)短い目で切って、更新を早くするほうがいいのかな、とも思っています。
携帯ご利用の方もおられますしね。 

というわけで、第二部の峠その1(笑)、ここ25章は、前後編で参りましょう。
<1ページにすると、ちと長くなりそうですし

でもって……、ははは、やっぱり佐渡モードでございます。。。
 (ーー;) <自分が書くと、どーせそうなるのだからして…

とりあえず、書けた半分だけ、明日中にでも更新しようと思います。。。


視点錯綜?
今日はちょっと呟きデス。

複数視点は難しい。

三人称で書かれた小説で、複数の視点を同時に描くと混乱しやすい、とはよく言われることですが。
実は今書いてる【ある夜明け前】、執筆でこそっと考える点が、これなのですよ。
視点がころころ変わりすぎてる……、という気はしているのです。
いやすでに、視点錯綜状態になってるかも知れないですネ… (タラ~)

登場人物多い上、主人公達が見ていないところで話が進んでる場合もあるため、
余計こういう風に描かざるを得ない訳ですが。
<自分の技術では、どうにも他に書きようがなかったりするし…… (ーー;)

基本的に、一つの小説に、あまり視点が多くない方が読みやすいとは思うのです。
まして、オンラインで発表してる小説の1ページの中で、視点がころころ変わってる、
なんて、ちょっとどうなのよ? という気もするんですが。

ただ、本作品は、こうして視点をコロコロ変える以外、今のところ描いていく方法が見つからないのですねぇ。
主人公達が直接見聞きしたこと以外にも、書きたい内容は含まれてますし
<いわゆる神視点ですかね?(よくわかっていない)
あえて、第三者から見た主人公達の姿を通して、読者様にお伝えしたい思いなどもあったりします。

というわけで、自分で読んで不自然のない程度に、しばらくコロコロ視点移動するかも、です。
わかりにくいとか、おかしいとか、お気づきの点があれば、何なりとお知らせいただきたいと思います。

今のところ、特にこれについてご苦情を戴いたりということはないのですが 
<あ、その前に即バックかもねん。。。  (^^;A゛
お読みになって、ことさら不自然に感じられる点などがあれば、お教えくださるとありがたいです。
視点や表現方法など、もっと考えてみますので~。 <いやまぁ、必ずよくなるとも限りませんが


ははは……、その前に、本作は、さほど読まれていないのもあるでしょう。。。
まぁ、それはそれ……ですね (すでに開き直ったらしい・笑)
作者のシュミ街道ひた走りということで、しばらく走ってまいります。  (^^ゞ<エッヘッヘ

只今、次回更新分の約半分ほど。引き続き書いていきます……。


テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

【ある夜明け前】24章 更新
まだ推敲が不十分な気もしていますが、更新優先、えいやっと上げてしまいました。

ということで……
ようやく、1ヶ月半ぶりでノベルページ更新です。。。
とりあえず、自分的には、やったぁ~~~♪
バンザイ的気分なので……  \(^^)/<バンザーイ

……とか、勝手にやってろって感じですが…… (汗・汗)

【ある夜明け前】第二部-24章を、お届けします。

これだと先回のページから続きが悪いため、順序をちょっと迷ったんですが、
ヤッパリ時系列に従って載せてみました。
という訳で、ロイsideと、パットside、同時進行ですので、
一度少し時間を戻しましたです。

<こういう場合のうまい書き方はないものか? 

ともあれ、やっと波にノってきたような気がしますが、
当家ロマンス小説の場合、波に乗ると言うことは、
ヒーロー&ヒロインを苛めることに、尚一層の拍車がかかる、
ということなのだろうか、とも思ってみたり……(ーー;)<ウウム、イイノカ?

まぁ、仕方ないですねぇ、この話は特に…… (^^;A゛
二人に、頑張って乗り越えてもらうしかないようです。
上る道が険しいほど、山頂からの展望は美しいとか言うし……<ほんまかいな(汗)

という訳で、さすがにもう止めず、引き続き頑張って書いて参ります
<佐渡街道を、ひたすらバク進予定です~~~~

さて、ここで二人のひとたびの再会なるや否や……

なーんてね。次回も10日前後でお出しできるよう、励みますので、
地味な作品ですが、よろしければお待ちくださいませ。
<ずっと半年に一度だったので、これは画期的更新予告かも(笑)

あ、だけど、現代モノの新作がまた遅れますね。お許しくださいませ~。
またこの波が行っちゃうと、【夜明け】って、いつ書けるかわからんですから。
いささか推敲不足につき誤字脱字も、あるかもしれません。
ご意見ご感想も、一言でもお寄せいただけると、励みになります~。


徒然なるままに
今日は日本、祭日だったのですね。<体育の日
ああ、住んでないから実感湧かないですねぇ
いつまでたっても、10月10日の気がして……。 (ーー)<ウウム

さて、本日割と暇だったので、比較的マジメに書いてました(笑)
ああ、それにつけても書きにくいトコロだ、ホント。。。
中身も、ほぼナニですよ。

いつもに比べ短いですが、ここで切らなきゃ仕方ないって感じなので、とりあえず一章分 <書けたかなぁ

ああ、やれやれ、やっと更新できそうかしらん? 

というわけで、引き続き推敲に励みまする……。
明日くらいには、更新できるかなぁ。。。(ーー)<地味ーにね…


しばらく、これで
やっぱり、イロイロとオフがバタバタしそうな10月です。
<と言っても、もっぱら学校関係なので、この話題はまたダイアリーで(笑)

さてさてさて。
更新なしで、1ヶ月半が経過。。。。(ーー;)<タラーリ

よくこれでお越しいただいてる、としみじみ皆様に感謝申し上げつつ
甘えるのも大概にせーよ、と、己を叱咤しています、今日この頃。

新連載も何とかしたいけどナァ
でも、もうちょっと、こっちも。。。

というわけで、やっぱりこれですな…… 【ある夜明け前】

ははは、どうもすみません。 (^^;ゞ

一番人気ないの、わかってるんですが。。。
萌えもロマンスのツボもない、作者的好みオンリーで展開してる作品ですが、ソロソロこの三年越し連載も、何とかしないといけません。
というわけで、えっちらおっちらと、書き始めました。
<やっと本格的に動くか!? 第二部っ

今度こそ!!! 二人を結婚させるぞおお~~~~!!!!!

と、究極のネタバレ的雄たけびをあげながら、
ソコに向かって突撃していきたいと思います 

というわけで、当サイト最大規模(だけはでかく、完全に手に余ってる)ボケツ連載ですが、もしよろしければ、お付き合いくださいませ。
究極のスローペース返上めざし、頑張りたいと思います。


         *** *** ***


アフィリバナーをご利用いただいている皆様

本当にありがとうございます~~~~。<感謝です!!!
作品でお返しできるよう、励みますね~~~~。
さてと
はやいもので、もう10月に入ってしまいました。

ウェブ拍手のお礼画面、今日気がついて見てみたら、
「暑中お見舞い申し上げます」

……っていったい……今何月ですよ?

ぐわあああっっ、と、思わず頭髪かきむしってしまいましたです。
ああ、サイト放置、ココに極まれり。

苦笑されながら、それでも拍手を押してくださってた皆様、
本当にありがとうございました。 <(_ _)> <ヒラニッ
拝見はしておりました。拍手が0の日は一度もなかったです。。。
いつも誠に感謝です(涙)

さて、肩こりだけを残して過ぎさったドトウの日々を振り返るのも
もうやめにして、少しでも前進せねば、と思います。

で、そろそろ保留にしてた新連載にかからねば、と心から思っているのですが
チョット世界が違いすぎるのもあり、あと1,2回《ある夜明け前》を
更新しておきたいかナァ、とも思います。

ということで、とりあえずは、これから、かなぁ。

今週は3日が祭日でして、なにやら行事があるらしいので出かけますが、
合間にボチボチとでも、書き始めたいと思います…。





カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

ミルキー・ポピンズ

Author:ミルキー・ポピンズ
自作ロマンス小説を書いています



最近の記事



最近のコメント



リンク



FC2カウンター



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。