Romance Kobo Blog
自作ロマンス小説執筆記録や雑感 & ロマンス小説のことなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンティックと日本男児
なんだか変なタイトルになってしまったけども…… (^^;)

『HOTなセリフ』にいただいた、HOPE様(サイト:美ら島より愛を込めて)のコメントを拝読しながら、改めて「うーむ」と思ってしまったことがある……。
<誠にありがとうございました~! 

英米仏や豪州はもとよりロマンス発祥の地、ならびにその縁戚地だからして、言うに及ばず、とは思うが、
今もなお、かなり古典的な愛の告白セリフなどが通用する世界のようである。

そして翻ってこのアジアを見てみるに、少なくとも韓国の男ですら、ドラマなぞ見ている限りでは、
かなり、そのまんまロマンス小説に使えそうな、大仰なセリフを、結構すらっとのたまっていたりする。
<現実にも、女性への愛の告白に、本物の愛の詩を使う事もあるそうな(韓国)


……うーむ。もしや、もしや……

世界的に見ても(と言うと、大分オーバーかもしれないが)
ロマンティックなセリフが、一番似合わないヒーローって、実は
【日本の男】 なんじゃないだろか???

もしそうならば、これは和製ロマンス小説の創作にあたって、
かなり致命的『あいたたた』な気がする……    

たしかに、日本男児は古来より武士道とかなんとかで、完全硬派の世界だったし、
最近は大いにやわらかくなった(というか、なりすぎたかも・汗)が、
決して、断じて、ロマンティックにはなっていない、ような気がする。

<ムシロ、エロい方が似合っちゃう雰囲気……。

そうそう、そう言えば。
自分で書いてても、「君を愛している」という告白セリフを、
どうしても、ど~~しても吐いてくれなかったのが、
『恋人未満』の大庭雄介だったなぁ、そういえば… 
  (ーー;) <ヤッパリ…

ということで、こーの『ロマンス的お取り扱いのきわめて難しい日本の男』で、
ロマンティックにやっておられるサイトマスター様方、ヤッパリ尊敬でございます……m(__)m

うーむむむ、日本版ロマンス小説が、なかなか生まれない理由の一つが、
案外と、この辺にもあるんではないだろうか。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://romancekobo.blog106.fc2.com/tb.php/2-f4322559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

ミルキー・ポピンズ

Author:ミルキー・ポピンズ
自作ロマンス小説を書いています



最近の記事



最近のコメント



リンク



FC2カウンター



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。