Romance Kobo Blog
自作ロマンス小説執筆記録や雑感 & ロマンス小説のことなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ある夜明け前】 28章の1 更新
とりあえず、28章-1、更新しました~~。

次ページの下書きは、只今5割弱って所ですが、一旦エネルギーが尽きた感じで。
チョット一息ついてから、続きもまた頑張ってまいりたいと思います。
あと一週間くらいで、どうにかしたいトコロですが。。。<ウウム、予定は未定にして

                    ◇◆◇
 
まぁ、しかしですね。。。
こんなにも、ヒーローが動くに動けず、ヒロイン一人で頑張らないといけない、なんて話は、
ロマンス工房はじまって以来、初めてですよねぇ。。。 (^^;)<ハハハノハ 

ロマンス小説典型のシンデレラ・ストーリーですと、もちろんここら辺りから、
【逃げるヒロイン、追うヒーロー】の定番展開になるくらいなのですが、
これが逆設定だと、こうなりますか、イヤハヤどうも…、と言う感じです。

逆の場合、ヒロイン、まったくラクじゃないですな。。。<っつか、メチャクチャ大変そうです

彼も、わかっていただけに、トテモじゃないが、何も言えなかったのですねぇ。。。 (ーー;)

【女性の夢】としては、やはり追いかけるより、追いかけられたい、かと思うのですが(笑)
この話は、ちょっとイレギュラーなロマンス小説として、御読みくださると嬉しいです  

一部で、ロイと再会するまで、周囲に言われるまま、ただ人形のように暮らしてきたパトリシアが、愛を知ってそれを勝ち取るために、父親に真っ向から挑むほどにまでなってきたわけです

思えば、普通の男達が戦争に行っていなくなるというのも、この時代からですかね。
このときまで、19世紀式の、正規の訓練された軍隊が戦争の主役でした。
20世紀のこの世界戦争が、時代的に現代への序章と言われるようですが
こうした時代の荒波の中で、それまでただ男性に依存して暮らしてきた多くの女性が、
たくましくなり、自立へと目覚めていったのかもしれません。

パトリシアの小さな戦争も、どうか、読みながら、同時に応援していただければと思います。

それでは、引き続き【頑張れ、パトリシア】の章、頑張りますので、よろしくお願いします~☆


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

ミルキー・ポピンズ

Author:ミルキー・ポピンズ
自作ロマンス小説を書いています



最近の記事



最近のコメント



リンク



FC2カウンター



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。